Wix・STUDIO・ワードプレス、サイトを作るならどれがおすすめ?

Wix・STUDIO・ワードプレス、サイトを作るならどれがおすすめ?

ウェブサイトやブログを立ち上げる際、多くの人が直面する最初の難題は、どのプラットフォームを選択するかということです。Wix、STUDIO、WordPressは、それぞれ異なる特徴を持ち、ユーザーのニーズに応じた様々なメリットとデメリットを紹介します。この記事では、これらのプラットフォームを比較し、あなたのプロジェクトに最適な選択肢を見つけるためのガイドを提供します。ランニングコストやトラブル頻度も含め、初心者にも分かりやすく解説していきます。

ウェブサイト・ブログ作成プラットフォームの選択

ウェブサイトやブログを作成する際、多くの初心者がどのプラットフォームを選択すべきか悩みます。主要な選択肢として、Wix、STUDIO、WordPressが挙げられます。これらのサービスはそれぞれ独自の特徴を持ち、メリットとデメリットが存在します。本記事では、これらのプラットフォームの特徴を整理し、ケース別のおすすめを提案します。

Wix、STUDIO、WordPressの特徴の比較表

Wix、STUDIO、WordPressの特徴を比較した表です。ランニングコストとトラブル頻度も含めています。

特徴/プラットフォーム Wix STUDIO WordPress
直感的な操作 ◎ (非常に良い) ◎ (非常に良い) △ (普通)
デザインテンプレート ◎ (豊富) ○ (多い) ○ (多い)
カスタマイズ性 ○ (やや良い) △ (普通) ◎ (非常に良い)
初心者向け ◎ (非常に適している) ○ (適している) △ (やや難しい)
ランニングコスト △ (やや高い) △ (やや高い) ○ (コストパフォーマンス良い)
トラブル頻度 ○ (比較的少ない) ○ (比較的少ない) △ (管理次第で変わる)
レスポンシブデザイン ◎ (自動対応) ◎ (自動対応) ○ (テーマ次第)
SEO対策 ○ (基本的な機能) △ (基本的な機能) ◎ (高度な対策可能)
サポート体制 ◎ (充実している) ○ (普通) ○ (コミュニティ依存)
サイト移行の容易さ △ (困難) △ (困難) ◎ (可能性が高い)
サービスサイト Wix公式サイトへ STUDIO公式サイトへ

リアルなランニングコストの比較

WixとSTUDIOはサブスクリプションモデルで、月額料金がかかります。WordPressは基本的に無料ですが、ホスティング料金(レンタルサーバー費用)や有料テーマ、プラグインの購入によってコストが発生します。WordPressは運用コストを抑えることが可能ですが、サイトの規模や使用するプラグインによってはコストが上昇することもあります。

また、必ず発生するランニングコストというわけではないですが、ワードプレスの場合には定期的に本体やプラグインなどがアップデートされたり、レンタルサーバー側の仕様変更などに対応する必要が出てきます。一方で、WixやSTUDIOはクローズドプラットフォームであり、プラットフォーム側でメンテナンスやセキュリティ対策が行われるため、トラブルやメンテナンスは比較的少ないです。

WordPressはオープンソースであり、プラグインやテーマの互換性問題、セキュリティの問題などによりトラブルに遭遇する可能性がありますので、単にランニングコストが安いという認識をせず、適切な管理とメンテナンスを行うことで費用や労力がかかるということも認識しておきましょう。

Wixはサイト作成自作初心者におすすめ

Wixはサイト作成自作初心者におすすめ

Wixの特徴

Wixは、ドラッグ&ドロップ式のウェブサイトビルダーで、コーディング知識がなくても直感的にウェブサイトをデザインできます。豊富なテンプレートとカスタマイズオプションを提供し、個人のポートフォリオから小規模ビジネスのウェブサイトまで、幅広い用途に対応しています。

Wixのメリット

初心者にも使いやすい直感的なインターフェース
豊富なデザインテンプレート
サイトのカスタマイズが容易
無料プランが利用可能
ワードプレスでのサイト解説が難しかった人には扱いやすい

Wixのデメリット

高度なカスタマイズを求める場合、制限がある
無料プランでは広告が表示される
サイト移行が困難(作りこんでしまうと特に他に移行するのが難しい)

WixからWordPressへの移行は結構大変、WordPressからWixへの移行も同様に大変

Wixで長期間にわたりウェブサイトを運営してきたオーナーにとって、WordPressへの移行はいくつかの重要なデメリットを伴います。

手動でのデータ移行が必要

現在、WixからWordPressへデータを自動で移行するツールやプラグインは存在しません。以下のような手作業が必要になります。

Wixの記事の内容を表示し、テキストをコピーコピーしたテキストをWordPressに貼り付け、必要に応じて文字装飾や画像を追加

特に多くの記事を持つウェブサイトにとって、時間がかかり労力を要する作業です。

サイトデザインの変更

WixとWordPressでは使用できるテンプレートが異なるため、ウェブサイトのデザインが変わります。WordPressでの再構築には、WordPress専用のテーマを選択し利用することが必須となります。

ドメイン移管の必要性

現在使用中のドメインをWordPressサイトでも引き続き使用したい場合、ドメインの移管作業が必要です。この手続きは特に難しいわけではありませんが、完了まで最大7営業日かかることがあり、その間ウェブサイトが一時的に表示されなくなる可能性があります。ドメインの価値を事前に評価し、新しいドメインを取得することも検討する価値があります。

これらのデメリットを踏まえ、WixからWordPressへの移行を検討する際は、準備と計画をしっかりと行うことが重要です。

STUDIOはデザイン重視でノーメンテにしたい人におすすめ

STUDIO

STUDIOの特徴

STUDIOは、デザインとインタラクティビティに重点を置いたウェブサイト作成ツールです。ユーザーは、コーディング知識がなくても、美しいデザインのウェブサイトやランディングページを作成できます。レスポンシブデザインが標準でサポートされており、デバイスを問わずに最適な表示が可能です。

STUDIOのメリット

直感的なデザインツール
レスポンシブデザインのサポート
コラボレーション機能

STUDIOのデメリット

カスタマイズの自由度がWixに比べてやや劣る
日本語サポートが限定的
無料プランの機能が限られる

 

WordPressは大量のコンテンツ・アフィリエイト・企業サイトなど幅広くおすすめ

WordPressの特徴

WordPressは、世界で最も広く使用されているコンテンツ管理システム(CMS)です。柔軟性と拡張性が高く、ブログから大規模な企業サイトまで、あらゆる種類のウェブサイトを構築できます。プラグインとテーマを使用して、サイトの機能とデザインをカスタマイズできます。

ちなみに、WordPress.comというワードプレス+ホスティングサービスもありますが、WordPress.comの場合には、自分のサーバーに設置するオープンソースのワードプレスと比較するとやや機能が少ないようです。その代わりにワードプレスのデメリットであるメンテナンスやプラグインなどの相性問題でページが表示できなくなるなどの管理コストは少なく済む可能性があります。

WordPressのメリット

高いカスタマイズ性と拡張性
大規模なプラグインとテーマのエコシステム
SEO対策が容易
大きなコミュニティとサポート

WordPressのデメリット

初心者には学習曲線がある
メンテナンスとセキュリティの管理が必要
高度なカスタマイズには技術的知識が求められる

ケース別おすすめ

個人のポートフォリオや小規模ビジネス用サイト

個人のポートフォリオや小規模ビジネスには、WixやSTUDIOが適しています。これらのプラットフォームは、美しいデザインを簡単に作成でき、コーディング知識が不要です。また、レンタルサーバーを借りる必要がなく、システムもサービス側で管理しているのでメンテナンスがほぼなく済みます。

ブログ運営・アフィリエイトサイト

ブログ運営・アフィリエイトサイトには、WordPressが最適です。強力なコンテンツ管理機能とSEOの最適化が可能です。

中〜大規模なビジネスサイト

中〜大規模なビジネスサイトにはWordPressを推奨します。カスタマイズ性と拡張性が高く、ビジネスの成長に合わせてサイトを拡張できます。

まとめ

ウェブサイトやブログを作成する際には、目的や必要とする機能に応じて、最適なプラットフォームを選択することが重要です。Wix、STUDIO、WordPressはそれぞれ異なるニーズに対応できるため、この記事で紹介した特徴やメリット、デメリットを参考に、自分にとって最適な選択をしてください。