Googleアドセンスとポリシー違反で通らない原因・対策方法

ブログを始めたばかりの皆さん、Googleアドセンスの審査に通らないと悩んでいませんか?この記事では、Googleアドセンスの審査に通らない主な原因と、それらを解決するための具体的な対策方法を詳しく解説します。初心者でも理解しやすいように、ポリシー違反の例やコンテンツの質を向上させる方法など、実践的なアドバイスを提供していきます。

この記事を読んで、あなたのブログがGoogleアドセンスの審査をクリアするための一歩を踏み出しましょう。

Googleアドセンスでの収益イメージ

Google AdSense は、オンライン コンテンツから収益を得ることができるサイト運営者様向けのサービスです。コンテンツや訪問者に基づいて、関連する広告がサイトに表示されます。広告は、商品やサービスを宣伝する広告主によって作成され、費用が支払われます。広告の種類によって広告主が支払う金額が異なりますので、広告から得られる収益も異なります。

PVごとのGoogleアドセンスの月間収益の目安は「グーグルアドセンスの月間収益目安 自動広告設定の場合」の記事で解説しています。

Google アドセンスのパブリッシャー向けポリシー

Google アドセンスの公式サイトによると、パブリッシャー向けポリシーは、次のカテゴリに分類されます。

  • コンテンツ ポリシー
  • 行動ポリシー
  • プライバシーに関するポリシー
  • 要件とその他の基準

様々なブログや対策サイトで、根本的な部分を確認しない対策方法が推奨されていますが、原点に戻ってしっかりと考えると基本的にはこのGoogleアドセンスのパブリッシャー向けポリシーに沿って対策をしていくことになります

 Google パブリッシャー向けポリシー

Googleアドセンス審査に通らない主な原因

Googleアドセンスとポリシー違反で通らない時のメール

ブログ初心者がGoogleアドセンスの審査に通らない主な原因は以下の通りです。

Googleポリシー違反

Googleアドセンスは厳格なポリシーを設けており、これに違反するコンテンツがあると審査に通りません。違法行為、成人向けコンテンツ、暴力的な内容などが含まれている場合、審査に落ちる可能性が高いです。例えば、違法薬物の使用を推奨する記事や、成人向けの画像やテキストが含まれるブログは、Googleのポリシーに反しています。

コンテンツの量と質の不足

Googleアドセンスはコンテンツの量と質を重視します。十分な量の記事がない、または内容が薄いと判断されると審査に通りません。例えば、10記事未満のブログや、各記事の文字数が500文字以下の場合、コンテンツが不十分と見なされることがあります。また、コピーコンテンツや、ユーザーにとって有益でない内容も質の低下と判断されます。

ユーザーの悩みを解決できていない

ユーザーの問題解決に役立つコンテンツが不足していると、Googleアドセンスの審査に通りません。例えば、特定の悩みに対する解決策を提供する記事がない、または内容が表面的である場合、ユーザーの悩みを解決できていないと判断されます。

ページの操作性の問題

サイトのナビゲーションが複雑でユーザーが迷いやすい、またはモバイルフレンドリーでないサイトは、操作性の問題があると見なされます。これにより、ユーザーエクスペリエンスが損なわれ、審査に通らない原因となります。

必要なページの不足

プライバシーポリシーのページや問い合わせフォームがない場合、サイトがユーザーに対して責任を持っていないと判断され、審査に通りません。これらのページは、サイトが信頼性を持って運営されていることを示す重要な要素です。

Googleアドセンス審査通過のための対策

Googleアドセンスの審査に通らなかった場合の具体的な対策方法を紹介します。

ポリシー違反の確認と修正

まずは、Googleアドセンスのポリシーを確認し、サイト内のコンテンツがこれに違反していないかをチェックします。違反しているコンテンツを発見した場合は、これを削除または修正し、ポリシーに準拠するようにします。特に、成人向けコンテンツや暴力的な内容、違法行為に関連するコンテンツには注意が必要です。

記事の量と質を向上させる

サイトに十分な量のコンテンツがない場合は、記事の数を増やします。目安としては、最低でも20〜30記事程度は公開しておくことが望ましいです。また、各記事は最低でも1000文字以上を目指し、ユーザーにとって有益な情報を提供するように心がけます。コンテンツの質を高めるために、独自の視点や専門的な知識を活かした記事を作成することが重要です。

ユーザー中心のコンテンツ作成

ユーザーの悩みや疑問に答えるコンテンツを作成します。例えば、「初心者向けのブログ作成ガイド」や「特定の問題の解決方法」など、具体的な解決策を提供する記事が有効です。また、ユーザーが興味を持ちそうなトピックを取り上げ、詳細かつ具体的な情報を提供することで、コンテンツの価値を高めることができます。

サイトの操作性の改善

サイトのナビゲーションをシンプルかつ直感的にし、ユーザーが求める情報に簡単にアクセスできるようにします。また、モバイルフレンドリーなデザインを採用し、スマートフォンやタブレットからのアクセスにも対応することが重要です。

プライバシーポリシーと問い合わせフォームの設置

サイトにプライバシーポリシーのページを設置し、ユーザーの個人情報の取り扱いについて明確に説明します。また、問い合わせフォームを設置し、ユーザーがサイト運営者に容易に連絡できるようにすることも、信頼性を高めるために重要です。

サイト全体の品質向上に向けて

Googleアドセンスの審査に通るためには、サイト全体の品質を向上させることが重要です。

ユーザーに有益な情報の提供

サイトのコンテンツは、ユーザーにとって有益である必要があります。例えば、特定の趣味や興味に関連する深い知識を提供する、日常生活で役立つヒントやアドバイスを提供するなど、ユーザーの生活に価値をもたらす情報を心がけましょう。また、ユーザーの疑問や問題を解決するための具体的なガイドやチュートリアルを提供することも効果的です。

サイトの信頼性と権威性の構築

サイトの信頼性と権威性を構築するためには、正確で信頼できる情報源を引用し、専門的な知識や経験に基づいたコンテンツを提供することが重要です。また、プロフィールページでサイト運営者の経歴や専門性を明確に示し、ユーザーに対してサイトの信頼性をアピールします。

継続的なサイト改善の重要性

Googleアドセンスの審査に通るためには、一度の改善だけでなく、継続的なサイトの改善が必要です。ユーザーのフィードバックやサイトのアナリティクスデータを活用して、ユーザーのニーズに合わせたコンテンツの最適化を行い、サイトの品質を継続的に向上させましょう。

レンタルサーバーやWordPressテーマによってGoogleアドセンスの審査に通るが通らないかというのが決まるわけではありませんが、ユーザーが見やすいサイトという観点からはやはりレスポンスが高い信頼できるレンタルサーバーを使用し、Googleアドセンスの実績もあるある程度Googleアドセンスの利用も加味された有料のワードプレステーマを利用することがおすすめです。初期投資として数万円はかかりますが、結果的にサイトの作成も楽になり表示速度も上がるのでGoogleアドセンスでしっかり回収していくためには必要な投資と考えます。おすすめは以下のレンタルサーバー、WordPressテーマです。

レンタルサーバー徹底比較! ワードプレスにおすすめレンタルサーバーランキング 速度・コスパ

失敗しないテーマ変更 ワードプレス有料テーマ、2022年もおすすめ人気テーマ3選!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう