ワードプレスのサイト向上はこちら必見!
シン・レンタルサーバーの「XPageSpeed」で自動的にWebサイトの読み込み速度向上

エックスサーバーのワードプレス超高速表示レンタルサーバーである「シン・レンタルサーバー」では、「XPageSpeed」の設定を行うことができます。

シン・レンタルサーバー最近ホント心強い機能を連続で実装してくれていて、乗り換え時だなぁと思います。私も数サイトはシン・レンタルサーバーで作成・管理しています。

シン・レンタルサーバーの「XPageSpeed」とは

「XPageSpeed(エックスページスピード)」は、オリジナルデータを改変することなく、Webサイトが表示されるタイミングにのみ自動的に表示データを最適化、Webサイトの読み込み速度やGoogle PageSpeed Insights のスコアを向上させます。

Google PageSpeed Insights のスコアは、ユーザーがページを訪れたときにページを表示するまでにかかる時間を客観的に測定したものであり、ユーザー体験向上・SEO対策としても重要と言われています。最近のサイトは高速で表示されるサイトが増えていますので、サイトの表示に時間がかかるとユーザーも待ってられずにすぐ離脱していしまいます。通常は、テーマとプラグインなどでページの高速表示に対応しますが、エックスページスピードを利用するとテーマやプラグインでの高速化だけでなく、エックスサーバーの研究で最適化されたページ読み込み高速化を導入できます。

XPageSpeed設定

XPageSpeed設定は基本的にドメインごとにONもしくはOFFするだけです。プラグインやテーマの設定を変更しなくても、ONするだけでページの表示データの最適化、読み込み速度が高速化するので良い機能ですよね。

画像最適化

最適な画像タイプへの変換と画像サイズを圧縮することで画像の読み込み速度を向上させます。

画像遅延読み込み

画像の読み込みをコンテンツ表示後に行うことでページの読み込み速度を向上させます。

CSS最適化

複数のCSSをまとめてコンテンツ内容に適応した形に変換することでページの読み込み速度を向上させます。

CSS遅延読み込み

一部のCSSの読み込みをコンテンツ表示後に行うことでページの読み込み速度を向上させます。

JavaScript最適化

複数のJavaScriptをまとめてコンテンツ内容に適応した形に変換することでページの読み込み速度を向上させます。

JavaScript遅延読み込み

JavaScriptの読み込みをコンテンツ表示後に行うことでページの読み込み速度を向上させます。

JavaScript読み込み順序が変わり、サイト表示に影響が出る場合があります。

シン・レンタルサーバーの「XPageSpeed」の注意点

「XPageSpeed設定」を有効にすると、最適化処理の影響でメモリ使用量やCPU負荷が若干上昇したり、一部画像ファイルの画質が低下する場合があります。
ブラウザやサーバーコンテンツの内容によっては、本機能を有効とした際にWebサイトの表示が崩れるなど、 異なる動作となる場合が稀にあります。その場合、本機能を無効に設定してください。
WordPressテーマ/プラグインの組み合わせによってレイアウトが崩れる場合がありますので、動作確認を十分に行ってください。
「JavaScript遅延読み込み機能」は、ページ内にJavaScriptが埋め込まれた場合に上手く動作しない場合がありますので、動作確認を十分に行ってください。
最適化に伴うキャッシュ処理の影響によりCSSファイル、JavaScriptファイル、画像ファイルの更新が反映されるまで時間がかかる場合があります。
サーバーに高負荷が発生している際は、一時的に最適化処理が無効化される場合があります。

\ シン・レンタルサーバーの無料体験・詳細はこちらから /

ワードプレスのページ高速化プラグイン「WP Rocket」もおすすめ!

私はこちらのWP Rocketは有料(サブスクリプションモデルで使用するサイト数により課金するプラン)のプラグインを利用しています。よくワードプレスの高速化としてネットで出回っている無料プラグインとは一線を画すページ高速化プラグインであり、効果は抜群です!

レンタルサーバー徹底比較! ワードプレスにおすすめレンタルサーバーランキング 速度・コスパ

失敗しないテーマ変更 ワードプレス有料テーマ、2022年もおすすめ人気テーマ3選!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事