SE Ranking SEO対策・キーワード検索順位解析できる格安ツールの使い方・評価

SE Ranking SEO対策

SE Rankingは、Web サイトを作成して SEO 対策をし、コンテンツマーケティングを行う時にそのキーワードを選択し、 検索上位に表示したいキーワードが今何位にいるのか、 競合のページはどんなサイトなのかなどを把握・解析するために役立つ有料ツールです。

SE Rankingを使うと、 SEO 対策に必要な色々な機能を使うことができます。

SE Rankingと他社の比較

SEOツール比較表

SE Ranking ミエルカ DemandMetrics
特徴 機能豊富でサイト規模・必要な機能に適した料金プランが用意されている。 ヒートマップや共起語提案に強い サイト内検索が必要なほどページ数が多いサイトで特に便利。
SEO解析ツール
キーワード予測機能
サイトレポート機能
ヒートマップツール ×
順位調査
競合分析
新規SEOキーワードを提案
被リンク分析
有人サポート
最安プラン OPTIMUMプラン
初期費用なし
月額料金2,541円~
スタンダード
初期費用100,000円
月額料金150,000円~
プロフェッショナルプラン
初期費用あり
月額料金100,000~

SEO分析・対策ツールには、色々な種類がありますが、SE Rankingは桁違いに安価なので個人や小規模サイトでも必要な分析ツールを激安な月額料金だけで使えます

関連キーワードや共起語などを調べキーワード策定や施策立案部分はラッコキーワードなどの無料ツールが色々ありますし、ページのコンバージョンを高めるためのヒートマップツールはUser Heatのなどの無料ツールでも代替可能だと思います。

しかし、検索キーワードボリュームの把握、自分のサイトの検索順位の変化の確認、競合サイトを分析するところまでできるツールと言うとやはり有料ツールが必要になります。
例えば、有名どころでは、ミエルカDemandSphere(DemandMetrics)パスカルなどのSEO対策支援ツールがありますが、SE Ranking以外のSEOツールの価格帯は月額料金が5万円から10万円ぐらいなので、個人や小規模な事業者などではなかなか導入に踏み切れないと思います。

SE Rankingの評価 私が使っている口コミ/感想

SE Rankingは、月額10万円以上するDemandSphere(DemandMetrics)と機能やサービスの使い心地が似ています。 DemandSphere(DemandMetrics)には、検索結果順位計測、大量のキーワードのモニタリング、モバイル順位計測、競合サイト分析、キーワード選定、被リンク分析、コンテンツ分析、SEO診断、SEO情報などの機能がありますが、SE Rankingもこれらの機能があり、同じような使い心地です。(個人の感想です)

SE Rankingは、日本円で月額2500円ぐらいから導入できてSEO対策ツールに必要な機能も豊富

SE Rankingは、日本円で月額2500円ぐらいから導入できてSEO対策ツールに必要な機能も豊富なのでSEO 対策が初心者の人にもとてもお勧めです。海外製のサービスなので2020年の中頃までは日本語が非常に怪しい感じだったのですが、近年日本語も分かりやすくなってきており、 日本語のキーワードを登録しても特に問題ない状態になっています。説明書なども日本語で読み取れるので、 私的には特に問題なく使えております。

SE Rankingの良いところは、何よりも料金プランが豊富であることです。

他社のSEO 対策ツールは、 料金は月額数万円~数十万円という高価格帯であり、ちょっとだけ試したいと思ってもなかなか高価格なものです。

SE Rankingは、月数千円から始められ、サブスクリプションモデルなので嫌だったらすぐ辞められる他、 キーワードごとの順位を取得する頻度を一週間に1回などにするにすると月2000円程度まで料金を下げることができるので、自分の身の丈に合った使い方ができるのも魅力の一つです。

 

[common_content id=”877″]

SE Rankingおすすめの使い方「SERP分析」 検索キーワードを登録して順位を確認

SE Rankingを使うと、検索で上位表示したいキーワードを登録し、その検索キーワードが何番目に表示されるかということを時系列でモニタリングすることができます。いわゆる「SERP(Search Engine Result Page)」の分析のことです。

SE Rankingおすすめの使い方「SERP分析」

登録したキーワードは、 Google検索、Googleモバイル検索、Yahoo検索、Bing検索などの 検索ごとに検索ボリュームを確認したり、順位を確認することもできます。
アフィリエイトや商材の販売、見込み顧客の獲得など、成果(コンバージョン)につながりやすい記事への流入を増やしたいときの対策として非常に有効です。
各社の検索エンジンで検索結果の表示方法も近年変わってきており、強調スニペットやアンサーボックスなどユーザーがすぐに検索意図に基づいた回答にたどり着けるように工夫されてきて。キーワードを検索した時に、 どのような検索結果が上位に来るかやそのキーワードが上位表示しやすいか(競合がどれくらいいるか・広告の入札があるか) なども一覧で確認することができるので、検索上位に表示されやすいキーワードを把握するときなどに役立ちます。
検索順位や検索ボリュームは日々変化するので、 押さえておきたいたくさんのキーワードを自力で確認していくのはとても大変な作業ですが、SE Rankingに登録しておけば自動で集計し確認することができます。

SE Rankingおすすめの使い方「マーケティングプラン」 順序に沿ってSEO対策する

SE Rankingおすすめの使い方「マーケティングプラン」
SE Rankingを使うと、キーワードことの順位の把握などだけでなく、サイト全体の SEO 対策のプランを設計してくれる機能があります。特に SEO 対策初心者の人や、コンテンツマーケティングを始めたばっかりの方などは、SE Rankingが提示してくれるマーケティングプランに沿って一つ一つの設定や施策を行っていくことで一定の効果は得られますし良い勉強になると思います。

SE Rankingおすすめの使い方「サイトSEO検査」 ページの修正点を具体的に提示

SE Rankingおすすめの使い方「サイトSEO検査」
SE Rankingでは、サイトSEO検査という機能がついています。登録したサイトに存在しているページを自動的に解析して、 SEO 上問題がある場所や修正した方がいい箇所を教えてくれます。SE Rankingに指摘された箇所を直していくことで、 正しいSEO対策を行うことができます。 Googleなどの検索エンジンから高評価を受けるための表現や構成のルールなどに自分で気づくことはなかなか難しいので、SE Rankingが自動で診断してくれ、どのように修正すると良いか提示してくれた方法を学びながら修正を重ねていくことで検索上位を目指すこともできます。

SE Rankingおすすめの使い方「被リンク監視」 被リンク数の推移やリンクの質を確認

SE Rankingおすすめの使い方「被リンク監視」
SE Rankingを使うと、被リンク監視を行うことができます。自分のサイトのドメインへどんなサイトからリンクがついているかを確認することはできます。また、 ドメイントラスト(ドメインオーソリティ)や ページごとのページトラスト(ページオーソリティ)を確認することもできます。被リンク監視の機能では、ドメインごとの大きな単位でも被リンクを確認することができます、 ページごとの単位でも被リンクを確認できるので、 SNS を使って拡散したり、プレスリリースを出したりし、他のメディアに寄稿をしたりして被リンク獲得対策を行った効果を確認しながら、その効果が検索順位やドメインオーソリティに影響したかなど分析を行っていくことができます。

SEO対策の有料ツールならSE Rankingでほぼ満足!

本格的にSEO 対策をする時には無料ツールだけでなく有料ツールを検討するときがきますが、その時にはまずSE Rankingが第一候補となると思います
現時点で私がSE Rankingに不満を感じるところは、日本語がいびつな部分がたまにあるぐらいです。

他の SEO ツールが高額であることと比べると、SE Rankingのコストパフォーマンスが良すぎます

私自身は以前DemandSphere(DemandMetrics)を利用していましたが、私ぐらいの規模で提供しているのであれば、自分が使いたい分だけのプランを選択できるSE Rankingの方がぴったりはまっています

無料で試せる期間もあるので、SEO 対策ツールをお探しであれば是非「SE Ranking」を試してみてください。

 

[common_content id=”877″]

SE Rankingのまとめ

まだ日本ではあまり取り上げられていませんが、頻繁にアップデートや機能追加、日本語の修正をされていてどんどん日本人にとっても使いやすいツールに変わってきていると思いますのでおすすめです。プランも自分の使い方に合わせて選択できますので、自分が管理したいキーワードの数だけ契約すれば月ほんの数千円で済みます。無料のツールでは自分の検索順位の推移を確認するツールなどはないので、まずは無料で試してみて検索順位の推移を追うことがどんな意味があるか、今後成果を上げるための記事へのアクセスを増やすためにどんなふうな施策を実行したらいいかなどの気づきをもらえると思います。

[common_content id=”877″]