最強・最速・効果的なワードプレス運営の近道教えます ★★★
wpXシン・レンタルサーバー ページ速度100点狙える新サービス
ページ高速化プラグインWP Rocket
SEランキング 激安高性能SEO対策ツール
ワードプレスの投稿と固定ページの違い、使い分け方法

ワードプレスの投稿と固定ページの違いについてご紹介していきます。
動画の方がわかりやすいという方は、同じ内容を実際のワードプレスの画面や資料で開設していますのでYotube動画をご覧ください!

「投稿」と「固定ページ」の違い

ワードプレスの中には記事の投稿方法として、「投稿」という方法と「固定ページ」という方法があります。この違いについて、ワードプレスに慣れないうちは「何なんだろうな」という風に迷うことが多いと思います。
例えば、アメブロで記事を作成している場合などですと、アメブロ内では普通にブログの記事を書いていくだけですので、投稿画面はひとつです。アメブロでは筆者プロフィールページやフリーページなどを設定できますが、これらがワードプレスでいう固定ページのイメージです。

ワードプレスの「投稿(post)」とは?

ワードプレスの投稿と固定ページの違いについてですが、投稿は頻繁に更新する「お知らせ記事」とか「ブログ記事」を作成するときに利用していきます。
投稿の特徴としては、更新すると「最新記事」とかという形で、サイトのトップページに新着記事を表示したり、ウィジェットを使ってサイドバーに「最近投稿した記事」を引っ張ってきたりすることができるというのが大きな特徴です。

ワードプレスの「固定ページ(page)」とは?

一方で、固定ページというのは、「会社情報」とか「お問い合わせ」のページのように、一回作ったらあまり変更や追加をしないページ(ページ数が増えないでよいページ)で使用していきます。

「投稿」と「固定ページ」の使い分け方法

簡単にサイトマップを見ていただきまして、投稿と固定ページの使い分けをイメージして頂こうと思いますます。

トップページがあり、「投稿」として投稿していく記事に関しては、お知らせとかニュースという内容のカテゴリを作って、「商品 A 販売開始」とか「期間限定○○販売中」とか「今月は○日お休みです」みたいな感じで、日々更新していくような記事を載せていきます。投稿では、カテゴリを作成することができますので、カテゴリの設定方法についてはこちらの記事・動画で紹介していますのでご確認ください。

固定ページについてですが、固定ページは会社のサイトでしたら「会社概要」とか「アクセス」「お問い合わせ」のように、1回作成したら日に日に何が追加して行ったりするというわけではないページを作成していくと良いと思います。

投稿と固定ページの使い分けにイメージはこのような形になっています。

SEO対策、ユーザビリティ向上の裏技的ノウハウ公開中 ★★★
wpXシン・レンタルサーバー ページ速度100点狙える新サービス
ページ高速化プラグインWP Rocket
SEランキング 激安高性能SEO対策ツール

ワードプレスのパフォーマンスはレンタルサーバーで激変する!

ワードプレスを200件以上カスタマイズ・修理してきた筆者が自信をもってお勧めするレンタルサーバー、エックスサーバーが提供する新世代レンタルサーバー『wpXシン・レンタルサーバー』は、国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ! ・世界最速クラスのWordPress実行環境「KUSANAGI」の高速化技術を導入 ・WordPressで最大10倍!PHPの大幅な高速・安定化でサイトパフォーマンスを向上させる「Xアクセラレータ Ver.2」搭載 初期費用無料月額770円から利用可能! 無料で国内最速環境を10日試してから決められるから、このページ表示の速さを試さない理由は無い!まずは無料でお試しを!

\今だけ50%キャッシュバック中!実質月額385円から!10日間無料のお試しできます!/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事