最強・最速・効果的なワードプレス運営の近道教えます ★★★
wpXシン・レンタルサーバー ページ速度100点狙える新サービス
ページ高速化プラグインWP Rocket
SEランキング 激安高性能SEO対策ツール

WordPressの投稿画面は、今は新しいタイプで「ブロックエディター」が基本になっているのですが、クラシックエディタ(旧エディタ)の記事作成画面を使いたいという人も多いと思います。その切り替え方法を紹介します。

意外とブロックディタでやる気が落ちる人が多い

今、新しくWordPressをインストールすると、投稿画面はブロックエディターという、ちょっとアメブロとかMicrosoft Wordとかに慣れてる人だと違和感のあるような投稿画面になっています。旧エディタの時には、アメブロとかワードを打つような感じでワードプレスの記事作成もしていくことができたのですが、ブロックエディタは慣れないとなかなか難しいという声を聞くことが多いです。

ブロックエディターの特徴 ・メリット

ブロックエディターの特徴は、ブロックを追加するっていうところです。ブロックエディアの名前の通り、ブロックを組み立てるようにレイアウトを設定したり、カラムを設計したり、文章をを追加したり、画像追加したり・・・ブロックごとに行っていきます。クラシックエディタの場合には、画像と文字を並べるレイアウトがバランスよくできなかったのでですが、ブロックエディタでは簡単にできるようになっています。

Classic Editorというプラグインをインストールすると 旧エディタが使える

ブロックエディタと旧エディタを変更をできるようにするにはどうしたらいいかについてですけれども、WordPressの管理画面に戻ってプラグインのインストールが必要です。Classic Editorというプラグインをインストールすると、懐かしいクラシックエディタでの記事投稿画面が使えるようになります。

基本は旧エディタ?ブロックエディタどっち?

インストールして有効化しますと、

WordPressの投稿画面は、今は新しいタイプで「ブロックエディター」が基本になっているのですが、クラシックエディタ(旧エディタ)の記事作成画面を使いたいという人も多いと思います。その切り替え方法を紹介します。

管理画面に戻ってプラグインのインストールが必要です。Classic Editorというプラグインをインストールすると右のような設定画面で簡単に設定できます。

クラシックエディタはまだ使える!?

今後WordPressの方向性としてはクラシックエディタは廃止するという方向で動いているようですけれども、まだまだクラシックエディタの方が使いやすいという方は多いと思いますし、お使いいただいているテーマがクラシックエディタでないといろんな機能が使えないっていうものもまだまだ多いです。

クラシックエディタを使おうが、旧エディタを使おうが、SEO効果などは大きくは変わり目せんので、好みのエディタですすめてくみていってくださいね。私は、ブロックエディタをデフォルトエディタにして、たまに旧エディタ使ってます。

SEO対策、ユーザビリティ向上の裏技的ノウハウ公開中 ★★★
wpXシン・レンタルサーバー ページ速度100点狙える新サービス
ページ高速化プラグインWP Rocket
SEランキング 激安高性能SEO対策ツール

ワードプレスのパフォーマンスはレンタルサーバーで激変する!

ワードプレスを200件以上カスタマイズ・修理してきた筆者が自信をもってお勧めするレンタルサーバー、エックスサーバーが提供する新世代レンタルサーバー『wpXシン・レンタルサーバー』は、国内最速!進化の極限を目指したエックスサーバーの新たなカタチ! ・世界最速クラスのWordPress実行環境「KUSANAGI」の高速化技術を導入 ・WordPressで最大10倍!PHPの大幅な高速・安定化でサイトパフォーマンスを向上させる「Xアクセラレータ Ver.2」搭載 初期費用無料月額770円から利用可能! 無料で国内最速環境を10日試してから決められるから、このページ表示の速さを試さない理由は無い!まずは無料でお試しを!

\今だけ50%キャッシュバック中!実質月額385円から!10日間無料のお試しできます!/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事