さくらのレンタルサーバーだとワードプレスが遅い

さくらのレンタルサーバーでWordPress のサイトを運営している方、これからさくらのサーバーを契約してWordPress でブログを作ろうと考えている方、安さだけで選んでいると損しますよ。

この記事ではさくらのレンタルサーバーのスタンダードプランを使って WordPress を運営していた状態から、エックスサーバーに乗り換えて、かなり速度が速くなり検索順位もアップしたという話をしたいと思います。

さくらのレンタルサーバーは他のサーバーより遅い

私自身はさくらのレンタルサーバーとは10年以上の付き合いになり、かなりお世話になったレンタルサーバーで信用しきっていたのですが、数年前にWordPress のサイトのページ表示速度が遅くてどう頑張っても「Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)」の点数が上がらない状態だったため、お試しでエックスサーバーを体験申し込みしてサーバーを変えてみたらそれだけで点数が爆上がったのです。正直ショックだったことと合わせて、一つの環境を頼りすぎると時代に取り残されるんだなと思いました。

Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)については以下の記事で紹介しています。

さくらのレンタルサーバーからエックスサーバーへの引っ越し

さくらのレンタルサーバーからエックスサーバーへの引っ越しはとても簡単にできます。エックスサーバーには WordPress 簡単移行という機能が付いているので、移行前の URLやワードプレスログイン情報などを入力するだけで、数分で移行を完了できます。

しかもエックスサーバーには無料体験の期間がついているので、WordPress 簡単移行でサーバーの引っ越しをしてみてページ速度や操作感を確かめた後に万が一満足いかなかった場合にはまたさくらに戻せば良いだけなのです。エックスサーバーが新たに提供を始めたシンレンタルサーバーでも同様の機能が付いています。

レンタルサーバーは性能重視、ユーザー体験を向上させるベースに

さくらのレンタルサーバーは老舗であり、ホームページの作成を牽引してきた会社ですが、WordPress 化が進み、Google などの検索エンジンがユーザー体験の向上を最重視していることもあり、安くて安定しているということだけがサーバーに求められる時代では無くなってきました。

世の中はウェブサイトやブログで溢れており、サイトやブログに訪れた人が一瞬でページを表示し、一瞬で訪問者が欲しい情報にアクセスできるということが強く望まれている時代です。

処理速度が遅いパソコンでイライラさせられることと同じように、私たちはなかなか表示されないページを見るとイライラしてしまうと思います。ページの表示速度を早くするためのテクニックは色々ありますが、まずは全ての根底になるレンタルサーバーの処理速度は定期的に見直ししたり他のサービスの情報を収集をしたりして比較すべきです。

レンタルサーバー各社が無料体験の期間を設けている、試す価値あり

レンタルサーバー各社が無料体験の期間を設けているので、無料体験の期間だけ他のサーバーを試して早くなるならば乗り換える、効果がないならば乗り換え前のレンタルサーバーで引き続き利用するというような柔軟な対応も大切だと思います。ユーザーが多いレンタルサーバーを私の独断と偏見で比較した記事がありますので参考になりますと幸いです。

私自身現時点では、エックスサーバーもしくはエックスサーバーが提供しているシンレンタルサーバーがサーバーの処理速度や安定性で他社よりも優れていると感じていますが、これも定期的に比較をしたりしないと時代に取り残されてしまうかもしれません。レンタルサーバー業界は比較をして選びやすい環境が整ってきているので本当に性能勝負、コストパフォーマンスの高いサーバーを自ら探し選択する時代が来ているなと感じます。

【真実】サーバーは最重要です! ワードプレスにおすすめレンタルサーバーランキング 速度・コスパ

成長できる拡張性高いテーマを ワードプレス有料テーマ、2022年もおすすめ人気テーマ3選!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事