さくらから他社へのドメイン管理移行(ドメイン転出)の方法

さくらのレンタルサーバーで管理しているドメインを、他社に移管する方法を実際の画面も使いなから解説します!ドメインと転出は家の引越しみたいなもので、◯○市から△△市に住民票を移す手続きみたいなものです。さくらのレンタルサーバーのヘルプを見ても、転出についてはあまり書かれていなかったためこの記事で手順を紹介します。

レンタルサーバーの会社でドメインも一元管理したい

レンタルサーバーの老舗であるさくらのレンタルサーバーを利用している人も一昔前は多かったですが、エックスサーバーやConoHa WINGなど性能が高いレンタルサーバーに乗り換える人が増えています。さくらのレンタルサーバーで取得したドメインをさくらで管理していた人が、新しいレンタルサーバーに移行したことをきっかけにドメインの管理も他社に移管して、レンタルサーバーの会社でサーバーもドメインも一元管理しようということを考えている人も多いと思います。また、エックスサーバーなどでは、1つドメイン管理無料という特典をつけているので、わざわざお金払って他社でのドメイン管理を続けるより、レンタルサーバーの会社に一元化しようという動きも自然なことです。

ドメイン移管(ドメイン転出とは)

独自ドメインを取得すると、どこかの会社にドメインを管理してもらわないとなりません。あまり意識したことはない人もいますが、例えばシェアが高いところだと、お名前.comやバリュードメインなどの会社でドメインを管理してもらっていたりします。ドメイン管理会社によっての香辛料などの価格差はほとんどないのですが、管理する時に一社にまとめたいということもあり、その際には「ドメインを管理する会社を別の会社に変更する」という手続きを行います。

このことを「ドメイン移管」や「ドメイン転出」と言います。

さくらのレンタルサーバーでドメインを取得・管理しているか確認する方法

独自ドメインは一度設定したらそのまま放置されていることが多いので、実際どこの会社がドメインを管理しているかわからなくなってしまうこともあります。今回はさくらのレンタルサーバーでドメインを管理しているのかを確認する方法をみてみます。

さくらのレンタルサーバーにログインしたら、「契約情報」を確認します。

さくらのレンタルサーバーにログインしたら、「契約情報」を確認

契約中のドメイン一覧」を見てみてください。

契約中のドメイン一覧

契約中のドメイン一覧の中に、ドメインが表示されていたら、それはさくらのレンタルサーバーでドメイン管理もしているということです。ドメインは更新しなければ失効しますので、有効期限にご注意ください。

さくらから別会社へのドメインの転出手続き方法

さくらでドメインを管理していることが確認できたら、「手続き」で「転出」をクリックします。

転出をクリックすると、以下のような画面が出てきます。申請ドメインが合っているか

転出先がどこになるのかを入力します。

確認事項を確認し「次へ」を押すと、「ドメインを他社管理にしたいのでよろしくお願いします!」というメッセージがさくらに届きます。

ドメイン移管時によくあるミス

  • この記事で紹介したように、さくらのレンタルサーバー側でドメインを転出するということを申し出ないと転出はできません。よくあるミスとして、転出先の会社でドメイン移管の手続きを先にしてしまい、その状態だと移管できませんよという状態になってしまうということがあります。
  • 移管元であるさくらでは転出の手続きを正常に行ったのに、移管先で「ドメイン移管」でなく、「ドメイン取得」をしようとしていてうまくいかないということがあります。

ドメイン移管して管理を一元化するとスッキリ

レンタルサーバーの選択肢が広がってきているかなで、サイトを引っ越しする人も増えています。レンタルサーバーと独自ドメインを別会社で管理していると、クレジットカードの更新を忘れてしまったり、ドメイン更新のメール連絡の確認漏れでドメインが失効してしまったということも事例としてよくあります。一元化できると管理がスッキリすると思います!

【真実】サーバーは最重要です! ワードプレスにおすすめレンタルサーバーランキング 速度・コスパ

成長できる拡張性高いテーマを ワードプレス有料テーマ、2022年もおすすめ人気テーマ3選!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事