ワードプレスでマッチングサイト構築 運営ビジネスの作り方

WordPress を使ってマッチングサイトを構築する方法、マッチングサイト運営ビジネスの作り方について紹介します。マッチングサイトの制作費は高額になることがありますか、ワードプレスを基盤に利用して簡易的にSNSやマッチング機能を備えた形で構築を行うケースもあります。マッチングサイトのビジネスモデルが固まりきってない人なども走りながら考えることもできるのでWordPress テーマを使ってマッチングサイトを作って、運営ビジネスに参入してみてはいかがでしょうか?

マッチングサイトとは

マッチングサイトとは、運営側(マッチングプラットフォームを提供する側)が、ユーザー(サービスや物を提供する人)とユーザー(サービスや物を利用する人)を管理し、マッチングさせるサイトのことです。マッチングという言葉を聞くと、出会い系サイトのような、男女のマッチングが思い浮かぶかもしれませんが、シェアリングエコノミーが浸透する社会の中でいろいろなジャンルのマッチングサイト・マッチングビジネスが生まれています。

マッチングサイトの一般的な制作費

マッチングサイトを制作する場合、一般的な Web サイトを制作するだけでなくシステムの開発が必要になるため制作費は高額になります。またどのようなマッチングサイトを設計する段階でもノウハウがないと難しい部分になりますので、マッチングサイト制作実績のある企業や、マッチングサイトの運営企業などに依頼する形になることもあり、マッチングサイトの開発費用・制作費用は100万円〜500万円と高額になる傾向があります

マッチングサイトはビジネスになる?

成功している企業の多くはマッチングサイトの運営を行っています。食べログ、ホットペッパービューティーなどはサービス提供者とお客をつなぐマッチングサイトの運営をしています。
BtoCに限らず、BtoBでも資料請求サイトで会社同士のビジネスマッチングが行われています。つまり、今さまざまな業種でマッチングサイトは活用されています。

しかし、理由はマッチングサイトの制作と運営にコストがかかります。
繋がりたい人(需要)がマッチングサイト(供給)を上回っている今だからこそマッチングサイトが求められています。

無料のオープンソースシステム「ワードプレス」でのマッチングサイトの作り方

マッチングサイトを一から制作してもらうとかなり高額になるのですが、無料のオープンソースのシステムである WordPress をベースにマッチングサイトの開発をするという方法もあります。マッチングサイトのコンテンツの部分を WordPress に持たせるだけでなく、マッチングサイト構築パッケージが入っているテーマやプラグインを利用すると、数千円でマッチングサイトの構築とノウハウが手に入れられます。複雑なマッチングサイトや独自性が高いサイトの場合にはこれらのプラグインやテーマで対応しきることは難しいですが、これから紹介するテーマの紹介ページなどで自分がやりたいことができそうならばマッチングサイト構築方法の候補になることと思います。

マッチングサイト構築用ワードプレステーマ

こちらで紹介する WordPress テーマは、WordPress がインストールされた状態で使えるものなので、まだ WordPress の設置ができていない人はこちらの記事などを参考にレンタルサーバーを借りてWordPress を開設しましょう。

まとめ

WordPress を使うとコンテンツを管理するだけでなく、SNS のような機能を持たせたり、マッチングサイトのようなユーザーがやり取りをするようなサイトを構築することもできます。しかし、この記事で紹介したようなマッチングサイト構築専用のテーマを購入すると、マッチングサイトの必要不可欠な機能やノウハウが実践を通して学べると思うのでおすすめです。

有名になっているようなマッチングサイトでは独自の機能をつけたりユーザーのニーズを満+ための工夫が色々ありますのでそのようなところまで作っていく場合には WordPress のシステムでは難しい部分も出てくるかもしれません。マッチングサイト初心者にとってはと WordPress でサイト構築をしていくことは最も効率が良いのではないかと思います。

レンタルサーバー徹底比較! ワードプレスにおすすめレンタルサーバーランキング 速度・コスパ

失敗しないテーマ変更 ワードプレス有料テーマ、2022年もおすすめ人気テーマ3選!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう