Googleアドセンスはインプレッション収益計算による支払いに移行、影響は?

Google AdSenseが新たな章を開きます。これまでクリックに重点を置いていた収益化の方法が、2024年よりインプレッション(表示回数)に基づく支払いに移行します。この変更は、ブログやウェブサイトを運営し、AdSenseを通じて収益を上げている初心者から上級者までのパブリッシャーにとって、大きな転機となります。では、この変更がパブリッシャーの収益にどのような影響を与えるのでしょうか?そして、より多くの収益を得るためにパブリッシャーはどのような準備をすべきなのでしょうか?この記事では、Google AdSenseのこの重要な更新について解説し、パブリッシャーが知っておくべきポイントを明らかにします。

Google AdSenseの大転換: インプレッション収益計算へ

Google AdSenseは、ウェブサイトやブログのパブリッシャーが広告を掲載し、訪問者のクリックや表示によって収益を得ることができるプラットフォームです。これまで、AdSenseは主にクリック単価(CPC)モデルに基づいていました。つまり、広告がクリックされるたびにパブリッシャーに収益が発生する仕組みです。

しかし、2024年初頭から、Googleはこのモデルを大きく変更し、インプレッション単価(CPM)モデルへと移行することを発表しました。この新しいモデルでは、広告が表示される回数が収益の基準となります。この変更は、ディスプレイ広告業界の標準に合わせるとともに、パブリッシャーがより公平に収益を得られるようにするためのものです。

2023年11月8日に以下のようなメールが配信されました。

AdSense での収益化の仕組みが進化

パブリッシャー様

これまで 20 年間にわたり Google AdSense は、200 万人を超えるパブリッシャー様を世界中の広告主様とつなぐことで収益化をお手伝いしてきました。

そしてその間も、パートナーの皆様のニーズにお応えできるようネットワークとサービスを進化させ続けてきました。こうした進化の一環として Google AdSense は、来週初旬に、収益分配の構造を更新します。料金を購入側と販売側に分けて設定し、すべての広告枠についてインプレッションごとにお支払いを行ないます。今回の更新により、Google サービス全域およびサードパーティのプラットフォームで広告枠を収益化しているパブリッシャー様にとって、収益構造の一貫性が高まります。AdSense パブリッシャー様の側で必要なご対応は特になく、収益にも影響はないと予想されます。

今回の更新について詳しくは、こちらでご覧いただけます。

来週、AdSense のネットワークを成長させ、よりよいものにするためのステップを皆様とともに踏み出すことを楽しみにしております。

AdSense の各種サービスへの影響について詳しくは、よくある質問のページをご覧ください。

よろしくお願い申し上げます。
Google AdSense チーム

Googleアドセンスの公式から公表されたAdSense で収益を上げる方法の最新情報の要約

Updates to how publishers monetize with AdSense(2023年11月2日)」を参考にまとめると、Google AdSenseは、パブリッシャーがウェブサイトから収益を得るための新しいアプローチを導入しており、収益分配構造の更新と、クリック単価(CPC)からインプレッション単価(CPM)への移行が含まれます。これらの変更は、パブリッシャーが使用するさまざまな技術間での料金の比較を一貫したものにし、メディア購入プロセスの透明性をさらに高めることを目的としています。以下は、パブリッシャーが高い収入を得るための具体策です。

収益分配構造の理解

AdSenseは、コンテンツに対してパブリッシャーが保持する収益の割合を明確にしています。

従来、パブリッシャーは収益の68%を保持していましたが、新しい構造では、AdSenseコンテンツの表示による収益の80%をパブリッシャーが受け取ることになります

インプレッション単価への移行

インプレッション単価への移行は、パブリッシャーが広告スペースを通じて収益を得る方法を変えます。これにより、サイト上での広告の表示回数が収益に直接影響するため、パブリッシャーはサイトのデザインやコンテンツ配置を最適化して、広告の視認性とエンゲージメントを高めることが重要になります。

広告の最適化とユーザーエクスペリエンス

Googleは、ポップアップや画面の大半を占める中断広告など、ユーザーエクスペリエンスを損なう広告を許可していません。パブリッシャーは、サイトのユーザビリティを維持しつつ、広告の視認性を最大化する方法を見つける必要があります。

テクノロジーの活用

現代のウェブサイトオーナーは、直接販売、広告ネットワーク、売り手側プラットフォームを組み合わせて広告スペースを販売しています。パブリッシャーは、これらの技術を効果的に活用して、収益化の機会を最大化することができます。

アクションプランの不要性

Googleによると、これらの更新による収益への影響は予想されておらず、パブリッシャーは特に何もする必要はありません。しかし、収益化戦略を見直し、新しい収益分配構造とインプレッション単価モデルを最大限に活用することが推奨されます。

 

これらの変更を通じて、Google AdSenseはパブリッシャーがデジタル広告から収益を得る方法を進化させ、より多くの透明性と収益化の機会を提供しています。パブリッシャーは、これらの新しい変更を理解し、適応することで、収益の最大化を目指すべきです。

参考:Updates to how publishers monetize with AdSense,Nov 02, 2023

パブリッシャー(ブロガーやサイト運営者)の収益に及ぼす影響 メリットとデメリット

インプレッション単価への移行と収益分配の新しい仕組みは、パブリッシャーにとって多くのメリットをもたらしますが、一部のデメリットも存在します。整理すると以下のようになります。

要素 メリット デメリット
収益の安定性 サイトの訪問者数が直接収益につながるため、より予測可能な収益を見込めます。 市場の需要と供給による広告単価の変動が収益の予測を難しくする可能性があります。
ユーザーエンゲージメント 広告クリックを促す必要がなく、質の高いコンテンツに集中できるため、ユーザー体験が向上します。 インプレッションに基づく収益化は、サイトのコンテンツ戦略を見直す必要があるかもしれません。
収益分配の透明性 バイサイドとセルサイドの分割により収益分配が透明化され、収益を正確に把握しやすくなります。 不正アクセスのリスクがあり、Googleによる厳しい監視が行われます。

収益分配の新しい仕組み: バイサイドとセルサイドの分割

Google AdSenseの新しい収益分配モデルでは、広告の売買プロセスがバイサイド(広告購入者側)とセルサイド(広告掲載者側)に分けられ、それぞれが独自の収益分配率を持つようになります。これまでAdSenseでは、一つのトランザクションで収益分配が行われていましたが、この変更により、より透明性の高い収益分配が可能になります。

バイサイドとセルサイドの分割により、パブリッシャーは広告が表示された際に、Googleやサードパーティのプラットフォームを通じて広告を購入する広告主から直接収益の一部を受け取ることができます。具体的には、Google AdSenseを通じて広告が表示されると、パブリッシャーは収益の約80%を受け取ることができ、残りの20%はGoogleが手数料として保持します。

この新しい分配モデルは、パブリッシャーにとってより公平な収益分配を実現し、特に中小規模のウェブサイトやブログ運営者にとっては、収益の増加につながる可能性があります。また、このモデルは広告の透明性を高め、パブリッシャーが自サイトの広告収益をより正確に把握しやすくなるというメリットもあります。

業界への影響と将来の展望

Google AdSenseのインプレッション収益計算への移行は、デジタル広告業界における大きな転換点となります。この変更は、広告の価値をどのように測定し、報酬をどのように分配するかという基本的な問いに対する新たな回答を提供します。業界全体で見ると、この変更は以下のような影響を及ぼす可能性があります。

広告の質の向上

広告がクリックされることよりも表示されることに重点が置かれるようになるため、ユーザー体験を損なわないクリエイティブな広告が重視されるようになります。

透明性の強化

収益分配の透明性が高まることで、パブリッシャーと広告主の間の信頼関係が強化され、より健全な広告エコシステムが構築されることが期待されます。
長期的なユーザーエンゲージメントの重視: インプレッションに基づく収益化モデルは、短期的なクリックを追求するのではなく、長期的なユーザーエンゲージメントとコンテンツの質に焦点を当てることを奨励します。

将来的には、この変更が他の広告プラットフォームやネットワークにも影響を与え、業界全体での収益化戦略の見直しを促す可能性があります。また、AI技術の進化とともに、広告のパーソナライゼーションとターゲティングの精度が向上し、インプレッション単価モデルの効果をさらに高めることが期待されます。

ブロガーやサイト運営者などのパブリッシャーが対応することまとめ

Google AdSenseの新しいインプレッション収益計算モデルへの移行に際して、パブリッシャーが取るべき対応策は以下の通りです。

コンテンツの質を重視

訪問者がサイトに長く滞在し、複数のページを閲覧するような質の高いコンテンツを提供することが重要です。これにより、表示される広告のインプレッション数を増やすことができます。具体的には、セッションごとの滞在時間や、1セッション当たりのページビューなどを指標として改善してくと良いでしょう。

広告配置の最適化

ユーザー体験を損なわない範囲で、広告の視認性を高める配置を考えましょう。A/Bテストを行い、最も効果的な広告配置を見つけ出すことが重要です。
モバイルフレンドリーなデザイン: スマートフォンやタブレットからのアクセスが増えているため、モバイルユーザーに最適化されたサイトデザインを心がけましょう。

透明性の維持

不正なアクセスやクリックを誘発するような行為は避け、Googleのポリシーを遵守することが重要です。これにより、長期的な収益の安定化につながります。

 

レンタルサーバー徹底比較! ワードプレスにおすすめレンタルサーバーランキング 速度・コスパ

失敗しないテーマ変更 ワードプレス有料テーマ、2022年もおすすめ人気テーマ3選!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう