ワードプレスの画像の最大サイズは横幅1200pxを推奨する理由

WordPress サイトを作成する時を画像のサイズを適切なサイズに調整することはとても大切なことです。

適切な画像サイズにリサイズはSEO対策に効果あり

画像のサイズが大きすぎると読み込みも時間がかかりますので、サイトを閲覧しているユーザーの人は読み込みが待てなくて離脱する可能性が高まります。またサイトを運営する多くの人が気にしているSEO対策・検索順位についても、サイトを最適な状態にしていないと高評価を受けられないことが多いです。

おすすめの画像最大サイズは横幅1200px

サイトで画像を利用する時に適切なサイズとは何ピクセルぐらいなのでしょうか。
色々な意見がありますが、私のお勧めとしては最大サイズで横幅1200pxです。

AMPの観点から画像最大サイズ横幅1200pxを推奨

画像最大サイズ横幅1200pxを推奨する理由としては、現在 Google が進めているモバイル端末からのアクセスを高速化するAMPプロジェクトで推奨される画像サイズが横幅1200px以上であり、横幅1199px以下の画像だとAMPページにした時に警告が表示されるためです。

また画像の実用性の面でも、極端に小さい画像だけを用意していると、拡大して細かな所をユーザーが確認したい時に解像度が荒すぎて確認ができないという事態が生じます。
WordPress では、メディア(画像)のサイズをでデフォルト設定でも3種類作るようになっています。

画像ファイルとして保存してある最大サイズは横幅1200pxにして、サムネイル画像や中サイズの画像はその間ぐらいで自分の使っているテーマのサムネイル画像のサイズなどに合わせて調整しておけば良いと思います。

モバイルファーストも意識してスマホに最適化された画像サイズも準備も

WordPress のサーバー上に保管する画像サイズの最大サイズは1200pxがおすすめですが、スマホで閲覧することを前提としたモバイルファーストデザインのためには、サムネイル画像や中サイズの画像ではスマホ表示にちょうどいいサイズとして、横幅320pxや300pxを使うことが多いです。

理由としては、グーグルヤフーなどのバナー広告でモバイル端末の広告のサイズとして横幅320pxや300pxが一般的なサイズであるためです。

画像の自動圧縮がすごい「EWWW Image Optimizer」プラグイン

EWWW Image Optimizerは、WordPress のサイト内で利用している画像のサイズを自動でリサイズしたり、画像ファイルを圧縮して表示を早くしたりしてくれるとても便利なプラグインです。

ワードプレス有料テーマ3選
ワードプレスにおすすめレンタルサーバーランキング
 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事