プラグイン「WP Social Bookmarking Light」でワードプレスサイトにソーシャルボタンを簡単追加!

ワードプレスサイトの訪問者に、コンテンツを簡単に共有してもらう方法をお探しですか?

「WP Social Bookmarking Light」プラグインを使えば、ソーシャルボタンを簡単に追加でき、ブログ記事やページが多くシェアされやすくできます。このプラグインの使い方と、その便利な機能について詳しく見ていきましょう。サイトの拡散力を高め、アクセス数の増加を目指しましょう。

プラグイン「WP Social Bookmarking Light」の使用方法・設定紹介

プラグインのWP Social Bookmarking Lightを使用すると、ワードプレスで作成したサイトにソーシャルボタンを簡単追加できます。

WP Social Bookmarking Lightでは、各SNS・ブックマークボタンの表示の位置やデザインを変えられる

WP Social Bookmarking Lightでは、画像のようにfacebook、twitter、LINE、google+などの主要なものから、はてなブックマーク、ライブドア、グリーなども網羅されています!

表示については、個別ページ、固定ページなどの設定も可能。

ありがたいですね!デザインの方も細かく設定できるので、これさえあればほとんどの場合、十分足りる機能です。

WP Social Bookmarking Lightのデメリット

「WP Social Bookmarking Light」プラグインは便利な機能を提供しますが、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。以下に主なデメリットを挙げます。

カスタマイズの制限

デフォルトの設定やデザインが限られているため、細かいカスタマイズを行いたい場合には不便です。特に、ブランドイメージに合わせたデザインを求めるサイトには不向きかもしれません。

パフォーマンス・ページ読み込み速度への影響

ソーシャルボタンの追加は、ページの読み込み速度に影響を与える可能性があります。複数の外部リソースを読み込むため、特に速度が重要なサイトでは慎重に導入する必要があります。

プラグインの不具合・競合・相性

ソーシャルシェアボタンのプラグインは多く存在し、他のプラグインやテーマでも同じようにソーシャルボタンを読み込むものがあります。機能や使い勝手で劣る場合や、読み込みが重複してしまい不具合が発生する場合があります。

根本的にソーシャルボタンが不要ということもある

皆様実際にソーシャルボタンを押したことはありますか?ソーシャルボタンがついているとなんとなくメディアとしてかっこいいような感じがしますが当然ながらボタンをつけると読み込みの時間が遅くなったり、余計なスペースを使ってしまうことになります。ニュースサイトやバズることを目指すサイトであればソーシャルの力は必要になりますがそれ以外ではもしかしたら不要かもしれません。仮にニュースサイトやバズるようなネタを扱うサイトを作れる場合には、テーマにソーシャルボタンが付いているものを選んでしまった方が読み込みや機能のバランスがいいです。

ワードプレスでニュースサイト・メディア・SNS運営におすすめのテーマ10選!

これらのデメリットを考慮しつつ、サイトのニーズに最も適したソーシャルシェアプラグインを選ぶことが重要です。

SNS・ブックマークボタンを簡単に設置できるワードプレステーマも多い

ワードプレスのテーマの中で、特に国産のワードプレステーマについては、ほとんどのテーマにWP Social Bookmarking Lightで実装できるようようなSNSボタンを簡単に設置できる機能がついています。例えば、こちらで紹介しているテーマなどでもテーマのカスタマイズ画面でチェックを入れるだけでSNSボタンを付けられますので簡単ですよ。