マインドセットとは セールスに必要な心を磨き準備する方法

セールスとマインドセットは切り離せない

セールスマンが成果を出すにあたって、一番に準備しなければいけないことはなんでしょうか。世の中には、トークや技術の準備にフォーカスした自己啓発本ばかりが目に付きます。
しかし、本当に大事なのは、マインドセットです。
どんなに素晴らしいセールストークや技術を駆使しても、マインドセットがしっかりしてないと継続的に成果を出す事は不可能です。
売れてるセールスマンと同じ準備をしても、結果が現れないのは、マインドセットが曖昧だからです。

では、なぜマインドセットが大事なのでしょうか。

セールスにマインドセットの準備が不可欠な理由

はじめに、マインドセットとは、自分の思考回路の癖です。思考と行動は密接に繋がっていて、思考が行動を決め、行動が結果を決めます。

ネガティブな思考回路の人は、物事を後ろ向きに捉え、結果的にチャンスを逃すでしょう。
反面、ポジティブな思考の癖をつけると、いざというときにチャンスをつかむ事ができます。

セールスは断られる事が多い仕事です。

そこで、メンタルのメンテナンスや気持ちの準備が非常に重要になります。何回も断られることが続くと、どうしても気持ちが後ろ向きになってしまうでしょう。

しかし、そこで感情を整える準備を怠ると、セールスの結果にも如実に結びついてしまいます。
声や、身振り、表情の暗さなど、自分では気付かぬうちに、お客さんへマイナス印象を与えかねません。いかに心の準備を整えているかが、とても重要なのです。

セールストークや、技術論ばかりに目がいってしまいがちですが、まずはマインドセットを整える準備に力を入れましょう。

正しいマインドセットの作り方

では、正しいマインドセットはどのように形成すれば良いのでしょうか。人間の思考は、様々なものを吸収して出上がります。
親友、上司、映画、テレビ、雑談、など無意識に取り入れてるものが、自分を構築します。一言でまとめるなら、環境がマインドセットを作ります。

もし、現状でセールスが上手くいってるという方は、今の環境や生活スタイルをかえる必要はないでしょう。

しかし、セールスが上手くいってない、セールスの成果を上げたい、と感じてる方は、環境を見直す必要があるかもしれません。環境を変えるには、マイナス要素を減らして、プラス要素を増やす作業が大切です。

例えば、ネガティブな言葉ばかり吐く人との関わりは、マインドセットを形成する上で、マイナスとなるので、距離を置くのが良いでしょう。

プラスの要素を増やすには、テレビを観る時間をセールス関連の自己啓発本を読み実践への準備に備えることなどが必要です。

このように、セールスの成果を上げるには、日頃からの生活仕様を見直す作業が大事になってきます。セールスという仕事は、自分の人間性を磨くことも仕事の1つです。

お客さんは、物ではなく、あなたに魅力を感じて商品を買います。セールスに必要なマインドセットは、普段からどれだけ準備をしてきたかが重要です。

マインドセットはセールス中にも磨こう

セールスに必要なマインドセットは日常だけでなく、実際の商談中にも磨く事ができます。事前にマインドセットを準備する事も大切ですが、実践の中から学べる事も多いです。

例えば、商談中に、この商品はいらないと断られたとします。

そこで、残念だと思うのか、次に活かせる良いチャンスと考えるかで、今後の成果に大きな差が出るでしょう。仮に断られたとしても、可能であれば、お客さんにだめだった点を聞いてみましょう。セールスにおいて、断られると反射的に引き気味になりがちです。

しかし、そこでもう一歩だけ踏み込めるマインドセットの構築が大切です。

なぜ受け入れられなかったのか、どんな点が足りないのか、など反省点を聞ければ反省点を次に活かす事が出来ます。お客さんと話し込んでいくうちに、相手が望んでる商品やサービスの形が浮き彫りになってくることもあります。

そこで、自社の違う商品をセールスしたり、条件を少しずらすだけで契約に繋がるパターンも多々あります。このように、ピンチをチャンスに変えられる思考法こそ正しいマインドセットです。

楽しくマインドセットを磨く方法

セールスに必要なマインドセットを磨く上で、最も大切なのは、楽しめるかどうかです。自身の人間力を上げるという行為は時に大変なこともあります。準備を怠ってはいけませんが、思い通りにならない事が多いのも事実です、不足の事態に腹が立つこともあれば、心ない人とも関わらなけれあばいけない場面もあるでしょう。

しかし、そこで挫けてしまっては、準備している意味がありません。

上手くいかない時は無理に頑張ろうとせず、きちんと休息を取る事も大事です。セールスマンには真面目な人が多いので、自分のキャパシティ以上に努力しようとする傾向があります。

しかし、休む行為もセールスに必要な技術です。

闇雲に頑張るのではなく、メリハリをつけ自分のペースで仕事を進めていく力も重要なマインドセットです。完璧主義になるのでなく、上手くいった面に目を向け、時には自分を褒めると良いでしょう。

おすすめの記事